1. au ID トップ
  2. ご利用ガイド
  3. au IDの設定を変更する「au IDの統合」

複数のau IDをまとめる(統合)

複数のau IDをまとめる(統合)

au IDを複数お持ちの場合、au IDに登録されている通信サービス等の契約(au契約、固定通信サービス契約、auでんき、ケーブルプラスでんき)を1つのau IDにまとめることができます。(以下、au IDの統合といいます。)

point1メリット

  • 1つのau IDで複数のスマートフォンやタブレット、パソコンからKDDIのサービスをご利用いただけます。
    例えばauスマートパスの場合は、複数のau携帯電話よりサービスをご利用いただけます。
  • 覚えるau ID、暗証番号が1つで済み、管理しやすくなります。
  • Ponta ポイントが1つにまとまり、管理しやすくなります。

複数のau IDを1つに統合する場合、以下の「統合条件」や「注意事項」を事前にご確認いただきますようお願いいたします。
※継続して利用するau IDは「統合先のau ID」、使わなくなるau IDは、「統合元のau ID」として記載しています。

au IDの統合条件

au IDの統合時、以下の条件を満たしている必要があります。

【契約情報】

●統合する通信サービス契約のご契約名義 及び ご契約者区分(個人/法人)が同一である必要があります。

【1つのau IDに統合可能な契約数】

●1つのau IDに統合できるサービス契約は、au契約は10回線、固定通信サービス(auひかり、auひかりちゅら、Smart TV Box、ケーブルプラス電話等)の契約は最大10回線(解約済の契約を含む)、でんきサービスの契約は最大5契約となります。
※固定サービスの統合は、店頭では受け付けておりません
●au IDに登録されているau契約に利用者が登録されており、ご契約者名義とご利用者名義が異なる場合は、統合できません。

【KDDI契約以外】

●通信サービス契約が登録されていないau IDへの統合はできません。
●UQ mobile契約があるau IDは、KDDI契約があるau IDに統合できません。また、UQ mobile契約を複数登録することができません。

au ID統合時の注意事項

●au IDでのサービスのご利用

統合元のau IDで利用されていたサービスは、今後ご利用いただくau ID及び統合元のau IDでは継続してご利用できなくなります。

●Pontaポイント

店頭でのau ID統合では、統合先のau IDにPontaカードが連携されていない場合、Pontaポイントは移行されますが、Pontaカードは統合先au IDに移行されません。従って、Ponta提携店ではご利用いただけません。
Pontaカードも含めて移行する場合は、au ID会員情報サイトにて「複数のau IDをまとめる(統合)」を行ってください。

●auかんたん決済でご利用中の継続利用サービス

統合元のau IDで、auかんたん決済(通信料合算支払い)は利用できなくなります。それに伴い統合元のau IDでauかんたん決済(通信料合算支払い等)でお支払いいただいている継続利用サービスは自動解除となります。auかんたん決済(クレジットカード支払い)の場合は、自動解除とならず継続されます。ご利用にならない場合は、お客さまご自身でサービス解約手続きを行ってください。

●まとめてau支払いでご利用中のサービス

auケータイにて、まとめてau支払いでご利用のサービスについては、au IDの統合を行っても課金は継続されます。
スマートフォンで、auケータイから継続してご利用頂いているサービスがある場合や、複数のauケータイで同一のサービスをご利用頂いている場合は、お客さまにてご確認のうえ、解約の手続きを行ってください。
※auケータイで引き続きサービスをご利用になる場合は、解約は不要です。

●お客さま情報

氏名・生年月日・住所は統合先のau IDの情報となります。ただし、統合先のau IDにau契約が登録されておらず、統合元のau IDにau契約が登録されている場合は、統合先のau IDの情報は統合元のau契約に登録された情報になります。

●連絡先メールアドレス・暗証番号

連絡先メールアドレス、暗証番号は継続して利用するau IDに登録された情報になります。

●通信サービス契約の請求先

au IDを統合した場合でも、通信サービス契約のご請求先は変更されません。

●代表契約

統合先のau IDの代表契約は変更されません。auかんたん決済の購入代金の合算先を変更したい場合は、au ID会員情報ページから代表契約変更を行ってください。

●auかんたん決済のご利用

・auかんたん決済のご利用限度額は、統合元・統合先のうち高い方のご利用限度額が適用されます。
・auかんたん決済のau PAY 残高チャージ上限額は、統合先のご利用上限額が適用されます。
例)回線A:ご利用上限額10,000円
au PAY 残高チャージ上限額 5,000円
回線B:ご利用上限額50,000円
au PAY 残高チャージ上限額10,000円
上記回線AとBを統合する場合、統合先のau IDのau IDを回線Bにすることで、統合後のご利用上限額は50,000円、au PAY 残高チャージ上限額10,000円になります。au IDを統合しても、上記上限額は合計されません。統合元のau IDの当月のご利用料金は、今後ご利用になる継続して利用するau IDに引き継がれます。

●au IDについて

統合元のau IDがau電話番号の場合、統合元のau IDは自動的に、「au電話番号+_(半角アンダーバー)+統合した年月日(西暦8桁)」となります。
例)2013年2月1日の場合:
080XXXXXXXX_20130201

●auポイントプログラム

au IDを統合すると、統合先のステージとなります。統合後に統合先の回線を解約した場合、残っているau回線があればステージは維持されます
au IDを統合すると、統合元のau IDについて過去分に遡ってスコアは付与されません。統合の翌日より統合先のau IDにスコアが加算されます。

統合によるサービスへの影響一覧は、こちらをご確認ください。
au IDの統合の際のご利用手順はau IDのご利用ガイドをご参照ください。

ページの先頭へ